今月はびっくり近況報告から!

中秋の名月のすぐ後ということもあり名月の句を・・・・と思えば、

なんと「おめでた」を詠んだ俳句が!!

思いがけぬ妊娠3ヶ月のご報告を受け、一同幸せな気分になりました。

『小川さん、おめでとうございます💕』

秋は題材も多く、俳句を作るにはうってつけのシーズンです。

自然と繋がる時間を大切にできると楽しいですね!

金蔵院葉子の俳句

チベットの花野や淡く嫋やかに

声明の余韻や高野夕月夜

天地を閉ぢ込めている露の玉

参加者の俳句

●優奈

名月や映えるポーズのいくつかを

敬老の日家族の声の贈り物

ふっくらとふくらむお腹秋の月

●茜

◯夕月夜アクセルまわす農婦かな

◯秋晴れやエゾリスのゐるベンチの端

貸出票はさみ雨月の静けさに

●夢湧子

虫の音の響き脳内マッサージ

◯秋の蝶ひらりとそばを舞いゆきぬ

夕月夜瞑想というひとときを

●春風

狂言と名刹といふ良夜かな

雨雲の去りて十五夜瑞々し

名勝の池に映れる月今宵

●博

黙すれば鈴虫の音の涼しげに

◯名月や眺めるよりも団子好き

雨名月見逃してまた来年に

●紫

背伸びして天を仰げる秋桜

仲秋の唐より続く月の道

金風やうねり揺れてる千枚田

●祐子

◎久闊を叙して名残の夕月夜

◯大夕日熟れて溶けゆく花野かな

◯忍ばせる想ひのどこか夕月夜

●愛子

◯大花野遊ぶ心のよみがへる

夕月夜指切りげんまんしたあの日

◯燃え咲くもくすぶる心曼珠沙華

●みやこ

名月に見守られたる家路かな

◯重陽の節句祝いの用意して

いつの間に赤蜻蛉の季節へと

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。