2022年11月ホロン俳句会レポート

立冬を過ぎ、一気に冬めいてきて紅葉の美しい頃となりました。

今月の兼題の大根では、多くの方が「母の味」として大根煮きを詠まれていて

ほっこりする気持ちになりました。

「季題に託す」という「季語の力」に任せる俳句の作り方も上手になってきていて素敵です。

ホロン俳句集の出版を目指し、これからの作品が楽しみです。

金蔵院葉子の俳句

小春日や光の粒の丸くあり

冬紅葉声透き通る太郎冠者

祝ぎ事の重なる小春日和かな

参加者の俳句

愛子

◯ことことと大根を煮ている平和

◯病床の窓の向ふの小春かな

◯新蕎麦や水戸界隈の人気店

春風

◯機上より小春日の富士伊豆の海

◯七五三賑はひ戻る神社かな

小春日の古刹柏手柔らかき

祐子

◯ハマっ子の粋なスカーフ小春かな

母許の分厚く煮たる大根かな

◯わらべ歌調子外れて小春かな

みり

しゅりしゅりと大根擦りて鍋の湯気

◯煮大根じゅわり染み出す母の味

夢湧子

水鳥の舞い飛ぶ二羽の川辺かな

七五三おしゃまに歩く女の子

冬こおろぎ眠りにつきし門の前

待ちかねしおでんの季節何食べよ

小春日や伊勢崎オートレース場

神在月響き渡りし雅楽かな

華菜子

新聞の一面写真紅葉燃ゆ

◯大根のひげ根比べて品定め

◯小鍋には母のレシピの大根汁

◯参道の笙の調べや紅葉燃ゆ

出雲大社神在月の賑やかに

ライトアップ一瞬にして冬浪漫

みやこ

たっぷりと大きな鍋の大根焚

小春日や友の様子を聞きたくて

霜月や眠れる猫のそばにゐて

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。