2021年12月ホロン俳句会レポート

12月13日の「事始」に納句座を迎えました。

兼題が「山眠る」と「河豚」だったので、

河豚鍋、ひれ酒、河豚刺、白子焼きとおいしそうなメニューが一杯詠まれて、

「河豚食べた〜い」という気持ちで盛り上がりました。

また、紫さん作成のご自身の俳句と写真でつくられたカレンダーのビデオも拝見。

来年のホロン句集もいよいよ楽しみになってきました。

来年はリアル句会もやりたいですね。

金蔵院葉子の俳句

ゆるやかに日当たりながら山眠る

鼈も河豚も用意の奥座敷

留守番の夫の好物おでん炊く

参加者の俳句

○部屋の隅ストックひそと山眠る       華菜子

○厳冬を越え先達の錦札

 サンタ宛吾子の手紙のたどたどし

○河豚刺やまずゆっくりと1枚目       研子

◎一杯のホットコーヒー山眠る

◎冬紅葉幼なじみと巡る旅

○賀状買ひ振り返りゐる今年かな       春風

○我庭の小振りといへど冬紅葉

 寒天や温泉宿は駅近く

◎かいつぶり潜りてしばし現れず       夢湧子

◎大蕪の白く静かに並びたる

○枯れ蓮の池に潜れる命かな

○カサコソと踏み歩きゆく枯れ銀杏

◎湯けむりに手足伸ばしつ冬の山

○鎌倉や鮮やかなりし冬紅葉

◎大いなる夢を抱きて山眠る         祐子

○冬紅葉墨絵の街に彩を差し

◎手袋のまま幼子の頬包み

 朝市の買物の列息白し           紫

 とりどりのケーキ聖樹の午後茶会

 誓ひしを果たせたか問ふ冬の星

○河豚鍋を囲み女子力のびのびと       愛子

◎青白き君の横顔山眠る

○ふぐ雑炊蒸らす間の待ち遠し

 青空に映える紅葉の雨あがり        保千代

 飾り付け楽し聖樹のリースかな

 だいだいと柚子を浮かせて宿の風呂

 ひれ酒や鍋の向こうと笑み交わし      みり

 河豚鍋や白子求めてあちこちに

 温泉につかり感謝ばかりの年の暮

○風受けて丸くふくれし冬雀         みやこ

 熱々のふぐの唐揚げ酒旨し

○母よりも年重ね来て山眠る

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です