10月に入っても、日中30度を超える気温で秋の風情はまだまだかと思っておりましたが、確実に季節は変わり目を迎えているなあと、皆様の近況報告をお聞きしていて思います。

近況報告から上手に作品をつくっておられたり、全体のレベルがとても高くなってきたと実感します。

次回までに母の弔句集をお送りします。

ホロン句集や、来年の俳句カレンダーのシーズンにも入ってきて、年月の経つのは早いなぁと改めて思います。

金蔵院葉子の俳句

新米といふ貼り紙に誘はれて

庭のもの彩やはらかに秋の暮

遠き音澄みて聞ゆる秋の暮

参加者の俳句

○稲刈りの景色変わりし今昔    恵子

○新米の届きて話す長電話

 栗ご飯皮むく手間や味深く

○黄金のたわわに実る稲穂かな   夢湧子

 新蕎麦の入荷の知らせ待ちわびつ

◎銀杏や拾う人なき並木道

 ブランドの新米炊きて夕餉かな  春風

○秋夕日帆に受け明石大橋へ

○声色の庭の小鳥のさまざまに

◎ころころと転がる木の実追いかけて  研子

○新米の炊き上がるのを待つあいだ

 雲間より今三日月の現はれし

○コロナ禍の運動会の笑顔かな    華菜子

 独り占めしたき無花果ケーキ焼く

◎靴底に秋の気配や登山道

◎新しき自転車弾む秋の風     紫

 柿なりて鳥のついばむ庭の朝

○リモートの声援届け運動会

○噛みしめてゐる新米の甘さかな   愛子

◎歓声を吸い込む青き秋の空

◎十三夜ピアノライブは始まりぬ

○息災を祈り新米炊き上げる    祐子

◎秋晴やエール交換高らかに

◎大木の未来宿せし木の実かな

 新米を研ぐ手もどかし夕支度   明美

○団栗と共に坂道駆け下りて

 咲き終えた蔓にまかれし実朝顔

 地震(ない)と聞き友の無事聞く夜長かな  みやこ

 新米の炊け具合はと蓋をあけ

 ポケットへ木の実拾ひて楽しげに

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2021 株式会社ホロンPBI All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?