萬狂言〈番外〉ホロン俳句会 2017.7.1

2017年 7月1日(土)萬狂言番外ホロン俳句会

 

  今年も東京、広島など遠方からのご参加を頂き俳句と狂言のフルコースを楽しみました。

また、初めての方も素晴らしい作品を作り今後が楽しみです。

サクランボのおやつも出て、梅雨の晴れ間をたのしみました。

 

 

 

  先生の俳句                          

   久々の句座再会の笑み涼し

   狂言の会へまからん単帯

叡子

 

  受講生の俳句                               

    友達と連れ立ちて来し夏越しの日  

    息子へと京の水無月てふ菓子を

                                   雅子

                                  

   〇梅雨の空夫の機嫌のプロ野球

    もろもろの願ひと共に茅の輪かな

    木々のなほ生き生きとして梅雨の庭

                                   理子

 

    梅雨晴の別府温泉海地獄

    梅雨雲と湯煙いづれここ別府

   〇五月晴襲名披露狂言へ

                                   春風

 

    冷房を効かせて欲しや帰国して

    水羊羹つるつる入って止まらない

                                   素男

 

    目立ちゐるさくらんぼうの句座なりし

    梅雨ながら暴風らしく眠られず

                                   透

 

    刺繡ある初めて買った夏の帯

                                  華映 

 

 

    空梅雨や今日も雨傘持たず出る

   〇恋よりも食欲勝るビアホール

                                   亜希子

 

   〇大きめの麦わら帽子かぶりし子

     カーテンを開け放ちたり五月晴

                                  研子 

 

    羅や今日狂言と俳句会

   〇蜻蛉の道案内や別府の湯

                                    葉子

 

    西瓜切る母の手もとに集まる目

    誘はれて祇園祭の囃楽し

    がっかりす朝の月下美人の鉢

                                   京子

 

   ◎ナイターをのどで楽しむ生ビール

    かき氷赤青緑舌染めて

辰雄

 

    狂言と句会の間鮓とせん

    水無月を楽しむ狂言俳句会

みや子

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2017 株式会社ホロンPBI All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?