秋も深まり紅葉が始まりました🍁
古来日本の秋の鹿には、哀しい、愛しいというような独特のイメージがあるようです。
奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき (百人一首 猿丸大夫)
鹿目の真っ黒な濡れた瞳は、ただ見つめているだけで、何か物哀しい感覚が湧いてきます。
自分の中にある何かが呼び覚まされる感じなのかもしれません。
秋のひと時、ゆるやかに味わいたいと思います。

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2021 株式会社ホロンPBI All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?