今回は大空さんが撮られた富士山の傘雲の写真からスタートしました。

美しい秋の空や、秋らしい季語を上手に使えている句が多く、皆様の成長の様子が素晴らしいです。

自然を読む意識をもつことで日々の暮らしがゆたかになっていくことは本当に大切だと思います。

*****

金蔵院葉子の俳句

秋冷や館のピアノの澄む音色

山頂の秋冷といふ憩いかな

踏切の音はるばると天高し

参加者の俳句

夢湧子

露天風呂富士山麓の虫の声
秋霖や心に描く富士の山
◯雨やみて富士に笠雲秋高し

春風

雲海を抜け天高く旅の空
冷房を切り替へ今朝は暖房を
◯柿の色日毎に深く深くなり

愛子

◯宮島へ瀬戸内渡る秋の旅
◯秋冷や心通わす君と僕
◯きのこ汁里の恵を存分に

華菜子

◯レンズ越し成長願う運動会
湯船には秋色香るバスクリン
◯外灯のスイッチ急かす秋の暮

祐子

◯どつさりときのこ積まれし朝の市
◎秋冷や礼拝堂の硬き椅子
◯ほどきたる掌に風冷ややかに

秋の夜や生誕祝ふ友ありて
雨止みて道後の空に秋の虹
◯十月のペナントレース熱こもる

みやこ

◯祇園坊美味しくなれと吊るす柿
秋冷や猫と並びて窓の辺に
いろいろの菌苦手や幼き日

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。