二〇一八年 月五日(月)ホロン俳句会レポート

 

  

 立春の翌日なので、「もう春ですね」のご挨拶が飛びかう句会でした。

バレンタイン前ということもあり、チーズパイケーキ、ウィーンや宝塚歌劇のチョコレートなど、おやつがバリケードの様に並ぶおいしい嬉しい女子句会となりました。

来春のパリツアーのお誘いも楽しみな芸達者なメンバーならではの俳句会でした。

 

 

  先生の俳句                          

                              叡子

   和服着て二月礼者の面持ちで

   レビュー観てバレンタインチョコを買ふ

 

  受講生の俳句

 

                                研子

   〇鳴き声のちょっとおかしい春の猫

    だんだんと色を明かして梅の花

   ◎窓ごしの日差しに気づく春隣

    昼になほ薄氷残る景色かな

 

 

                                紫

   〇寒明けの句会に着物あでやかに

    やや早く飾る計画おひなさま

    如月の武庫川の風邪なほ尖り

 

 

                                愛子

    バレンタインチョコをつまんで女子句会

   〇立春の誘ひ魅惑のパリ旅行

    頑張り屋春の風邪さへ句にせんと

 

 

 

                                 茜

    父囲む病室の窓春うらら

    招かれて炉の前なりし鏡餅

   〇風花や橋を越えゆく奥の院

 

 

                                  純子

    パリ公演めざし恵子の春立つ日

   〇寒開けて和服で向かふ句会かな

 

 

                                  葉子

   〇吟行は観劇かしら春の旅

   〇熱出て一人ぼつちの春の風邪

    春らしき彩合ひにして召す和服

 

 

                                  みや子

    何となく立春過ぎてわくわくす

   〇春ですね二月の句座の合言葉

   〇立春の句会の手土産チョコレート

    節分の夜やかぞえ居る年の豆

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2019 株式会社ホロンPBI All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?