立夏を迎え美しい季節に入ったものの、緊急事態宣言が解けず行動を制限される状況です。

こんな時は、俳句がとても優しく癒す時間をもたらしてくれます。

どんなところにも自然の命の営みは存在します。

俳句を生活の中に持つことは人生の幸せではないかと思います。

金蔵院葉子の俳句

薔薇のジャム添へて家居のティータイム

抜け道は薔薇のアーチのある小径

薔薇苑を抜け来る風の彩であり

参加者の俳句

◎オンライン越しの素顔や夏来たる     祐子

◎鉄棒の黒光りして立夏かな

○母の日の平仮名だけの手紙かな

ゆるやかに行く山の道夏来たる      研子

○ファインダー越しの笑顔や椎若葉

○はしゃいでる子らを見守る鯉のぼり

○飛行機やハロ切り開き夏来たる      春風

コロナ禍や立夏といふに家籠り

○二年ぶり集いヨットの快走す

五月場所観客なしの土俵入り        加代子

○若葉風ペダルを踏めば悩みなど

キラキラと揺れし若葉やティータイム

○読めるけどまったく書けぬ薔薇の文字    博

盆栽に仕立てし花も葉桜に

駆ける吾に薔薇のエールや中之島     あゆみ

○木漏れ日の青葉を愛でて夏来る

夏来たり水浴び嬉し鳥親子

行く春や緑に染まる川堤          恵子 

○母の日や亡き母偲び干す着物

採り立ての香り豊かに豆ごはん

○ひなげしの風に揺られて咲いてをり    夢湧子

花水木色鮮やかな八王子

新緑や案外近き鳥の声

 ◎幼子の柔き二の腕夏来たる                    純子

衣より出でて夏めくかかとかな           

海酸漿(うみほおずき)鳴らし少女になりし母

夏来たる白き飛沫や由比ヶ浜      紫

○こいのぼり新居の庭の賑やかに

○母の日に差し出す手紙小さき手

○木漏れ日を揺らして飛ぶやつばめの仔   明美

 道に雨花火の如く降り弾け

 風炉の湯の音利休を偲びつつ

○こんなにも豊かな香り小さき薔薇     みやこ

思い立ち模様替えする今日立夏

母の日や見映えする鉢選びをり

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2021 株式会社ホロンPBI All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?