**2020年12月ホロン俳句レポート**

 2020年最後のオンライン俳句会です。

来年の俳句カレンダーは手渡しできなかったので、今年は郵送にてお届けしています。

なんと今月から、新しいメンバーが加わり、嬉しい年の締めくくりとなりました。

2021年は、さらに楽しいホロン俳句会になりそうです。

金蔵院葉子の俳句

 案外に風の寒さの小気味よき

 研修所換気の度の寒さかな

 冬の芽の紅さに秘むる強さかな

   

◎狂ほしきゴッホの筆致冬日差す     祐子

◎短日や夕餉まだかと急かす子ら

○幼子と冬芽数へて散歩道

   

○日短か買い物今日も行きそびれ     研子

 川沿ひの色とりどりの紅葉かな

 朝光の見送り息の白くあり

   

○短日や気の急く母の夕支度       華菜子

○餅千切る丸める役も代替わり

 ゲレンデの彼追ふていく雪の朝

    

 ひさびさの胸のはずみし納め句座    加代子

○小春日や室外機には寝入る猫

 山茶花の赤ほころびて曇り空

   

○リモートの新たな仲間納め句座     博

○ありったけを飾りつけたるクリスマス

 短日やお迎へ急ぐ保育園

   

◎あらがえぬ一人こたつの心地良さ    愛子

 短日や園児迎へに急ぐ足

○冬の日の歩く楽しみ覚へたる

    

 家中を聖夜飾りの厄祓ひ        純子

○マスクしてぶっきらぼうの我となり

◎短日や庭の球根植ゑきれず

    

 パソコンの打つ音早き師走かな    紫

○キャンセルの電話かなしき年の暮

 冬ぬくし真白き手帳開き初む

    

 冬晴れや社を覆ふご神木       春風

 散歩道見落としてをり冬紅葉

   

○里山の空の青さや冬景色       夢湧子

◎鴨たちのひっそり休む草の蔭

○川釣りの少年見つつ日向ぼこ

    

 コロナ禍や忘年会はお流れに     恵子

○散歩道山は眠りて風の刺す

    

 短日の暗さの中の光好き       みやこ

◎ただいまと手袋のまま撫でる猫

 冬芽てふ言葉学びし句座であり–

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2021 株式会社ホロンPBI All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?