この俳句は、以前クルーズタイプの

ダイビングでモルジブに行った時に作ったものです😊

真夜中の海に船がポツンとただ一隻、

水平線まで何もなくただ漆黒の海(°▽°)

灯りが何もないので、

天空は星がびっしりひしめいていて

あまりに星がありすぎて

もはや星座など形にならず、

常にどこからか星が流れて来ます️️️⭐️⭐️⭐️

幻聴かもしれませんが、

本当に星の降る音が聞こえるような

不思議な感覚がありました⭐️

宇宙の一端に自分が存在しているという

言葉を超える凄まじい世界の中に身を置くことは得難い体験です💕

また体力つけて、

ダイビングクルーズ行きたいなあ💦💦💦

#米国NLP認定トレーナーズトレーニング

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。