ホロン俳句会講師だった
母を看取ってからあっという間に一年が経ってしまいました。


ホロン俳句会の方々からも美しいお供えをいただき、内輪ではありますが、細やかに華やかに一周忌を終えました。


一周忌を終えると、なんとなく肩の荷が少し降りたような気がしています。


まだまだ弔句集や、高浜虚子との沢山の書簡など高浜虚子記念館に寄贈する整理がおそろしいほど山積みですが、それでも、何かふっと気持ちが緩やかになったような気がします。


この頃は、亡き父母の夢をよく見ます。

ホロン俳句会を天から見守っていてくれていたらいいなと思います。

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2021 株式会社ホロンPBI All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?