村上さんNLPプラクティショナーコース体験記⑧

【自信がない。

     って、それほんとですか? 】

あのイチロー選手も、

第二回WBCの超緊張の場面でも使っていた、

自信のつけ方とは?

・何か始めたいけど自信がない。

・本当はやりたいけどやる気が起こらない。

・続けたいけど続かない。

こんな事ってありませんか?

僕も完璧な人間ではないので、

もちろんそんな時もあります。

そんな壁を乗り越える時に、

僕がいつも思い出すことがあります。

それが前回受けた、

NLP8回目の内容と合致していたので、

少しシェアしたいと思います。

その日にやったのが、

タイムラインというワークでした。

これは言ってしまえば、

タイムマシンみたいなもので、

記憶の中で行ったり来たりする技法です。

僕がこれを、

どんな感じで使っていたかというと、

加圧トレーナーになった時。

お掃除業を始めた時。

ライターや、

ライティング講座を始めた時。

失敗などの恐怖と対面した時、

いつも自分の心の中でつぶやき、

自分に投げかける言葉があります。

それは、

『アカンかってもええやん。

 今しかできひんで。』

です。

これは、僕が21歳の時、

ワーキングホリデーに行く時、

この言葉のおかげで決意できました。

その結果、

英語が話せないにも関わらず、

約1年間をかけ、AUS全土を、

一周する事ができました。

このように、今、何かしたい事とか、

今リソースが足りないと感じている時。

というのは、

ただの勘違いで、

過去をさかのぼると、

必ず、何かしらの

達成体験や、クリアした体験、

チャレンジした体験など、

そのリソースを

使ってた事があるはずなんですね。

その時にさかのぼり、

どんな言葉を自分に言ったのか?

どんな気持ちだったのか?

周りからはどんな事を言われたのか?

など、

その時を思い出し、

再体験する事によって、

今持ってないという勘違いを、

取っ払うという方法です。

これは、僕みたいに、

未来をイメージしてください。

と言われても、

ピンとこない人でも、

すごくやりやすい方法です。

そして、

これはNLPの特徴なのですが、

カウンセリングのように、

その内容や、

過去の体験を話す必要はありません。

言いたくないことや、

他の人に知られたくないことは、

話す必要はないんです。

これってめちゃめちゃ安心ですよね。

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。