2022年7月ホロン俳句会レポート

今月は、金蔵院が沖縄の阿嘉島へダイビングに出かけていたので、

沖縄からの中継となりました。

オンライン俳句会は、場所を問わず自在に開催できるのがいいですね。

今月から新たな方がご参加になりました。

これからさらに、パワフルな俳句会になっていきそうで楽しみです。

*金蔵院葉子の俳句

山荘に忘れられたるサングラス
大銀河離島の夜の冥さかな
恥じらいを隠してをりぬサングラス

参加者の俳句

たこ焼きを食べて迎へる半夏生
○本年もクーラーの無き我が家かな
炎天に訃報を聞きて黙祷す

○紫陽花やガラス茶碗の野点席
○老猫の背の温もりや盆帰省
父の日や寝支度をして写経せり

祐子

○遠雷や会話の行方有耶無耶に
○寂しさをそっと隠してサングラス
◎この星の出っ張りに立つ登山かな

優奈

○宙見つめつかめぬ一句にじむ汗
短夜や昔の友と泣き笑い
夏の宵寝っころがるを見てる月

春風

○高速船海を引き裂き夏来る
○旅仕度探し出したるサングラス
○突然の猛暑すべてを呑み込みし

夢湧子

○散歩道オレンジに咲く百合の花
○しあわせの時を留める梅酒かな
○日を返す琵琶湖の水面サングラス

みやこ

雷鳴に目覚めて部屋の灯りつけ
○文月の師の命日や俳句会
サングラス眩しき世界やはらかに

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。