これは、ダイビングのライセンスを取るときに、

教えていただいた緊急時にどうするのかの対応法です。

ご存知の通り、ダイビングは海の中のアクティビティなので、

常に死と隣り合わせでいる状況が続きます。

もし、海の中でなんらかののトラブルに遭遇した時、

どんな状況でも、最初にすることは、

【まず止まれ!!】

つまり、動きを止めてその場に止まることです(°▽°)

その次に、【呼吸】に意識を向けます。

確実に息を吐いて息をすることに集中するのです。

(ダイビングだと息を吐けば自動的に空気が入ってくる)

呼吸が安定すれば、周りの状況も見ることができるし、

落ち着いた判断ができるようになるので、

何をどうしたらいいかが明確になるのです。

海の中で、空気が漏れてうまく動けなかったり、

背負ったタンクが外れたり、

なんやかやトラブルに遭遇すると、

めっちゃ焦ったり、パニックになりそうになってしまいます。

初心者の頃、海の中でジタバタした時、

この緊急時対応のプロセスは、

想像以上に効果的で役に立ちました(^O^)

うわーやばい!という時、

無駄に焦って下手に動いて余計にやばくなることは

海の中では、命の危険と直面することになるからです。

この教えは、ダイビングの時だけでなく、

実は、日々の暮らしの中でも、

私にとって大いに役立っています。

仕事でも、日常生活でも、

うわー、やばい!どないしょうということは

結構頻繁にあるんですが(°▽°)

その時こそ、この緊急時対応プロセスは効果的!

なんかあれば、

まず、その場に止まって、

自分の呼吸に意識を向ける。

ゆっくり吐いてゆっくり吸うためには、

客観的視点から自分の呼吸を見なければ

自在に呼吸をコントロールできないので、

メタなポジションに自動的に移行するのです。

客観的視点になると、

落ち着いて物事に対処できるようになります。

このところ、スケジュールがタイトで、

色々やばい状況になりそうなことが多かったのですが、

ダイビングのこの教えのおかげで、

ここまで無事に過ごせました。

まだまだ、山積みの案件が押し寄せてきてますが、

引き続き、一つ一つコツコツやっていこうと思います(^O^)

ホロンPBI通信メルマガ

金蔵院葉子のコラムや講座の最新情報などを月に2回配信しております。
よろしければご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。