「ダイエットとイメージトレーニング」

「ダイエットとイメージトレーニング」

年末年始の数々のイベントを控えて、ダイエットをしたい方々には厳しい時期となりましたね。

ダイエットをしたいときに、まず一番やってはいけないのは、

「なんでこうなっちゃったんだろう」と原因にフォーカスすることです。

原因として、例えば気温差やCMなど外部原因を含め、複層的にからんでいることが多く、特定することが実際的ではないこともありますが、思い出しても良い気分にはならず余計フラストレーションがたまってかえって食べたくなったりしてしまいます。

NLP的には、「それでは、どうなっていたいのか」という望む未来にフォーカスしていくことをおすすめしています。

具体的には、五感ベースでイメージすることが大切です。

イメージは五感をフル活用することで完了します。

「見る」「聞く」「感じる」という具体化されたイメージで「望む未来」を明確化するのです。

望む未来では、どんな様子に見えて聞こえているのか。

イメージ写真とか、着たい服をイメージしておくとか、説得力のあるデータを知るとか(色々ご存知ですよね)フル動員しても肝心なポイントをはずしてはNG!

その肝心なポイントとは「身体感覚」に落とし込むこと。

体感がないと、単なる妄想に終わってしまうのです。

体の感覚に落とし込めば、無意識が積極的にイメージの方向へ舵を切ります。

イメージトレーニングは色々ありますが、最もシンプルな方法で成功したのが、O氏の例。

O氏は、100kg以上あった体重を減らしたいと思い、「食べても食べても85kg」と「見る」、「聞く」、「感じる」、に落とし込み毎日宣言していたところ、食事制限も運動もナシで85kgを達成し10年以上維持されています。

O氏に触発されて、私自身もちょっと太っちゃってヤバイなと思った時期にやってみたところ、確かに体重が落ちました。

私自身の印象としては、イメージが体に体感としてある時は、お菓子が欲しくないし、食事も腹八分目で満足できます。

努力が苦手な私にはピッタリのダイエット法で、イメージパワーを実感した方法でもありました。

コツは体感。

ダイエットの選択肢として、試してみるのもいいかなと思います。

ホロンPBIブログはこちら ↓
http://www.holonpbi.com/blog/

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2018 株式会社ホロンPBI All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?