上質人生大学

特別講座レポート

2009年5月
播磨陰陽師講座 / ~夢の構造・part2~夢の話をするだけで現実を変える陰陽師メソッド第2弾・夏が来れば想い出す夢は ~
尾畑 雁多(おばた かりんど) 先生

 

  皆さん、こんにちわ。今回の上質人生大学公開講座レポートは、「播磨陰陽師講座 / ~夢の構造・part2~夢の話をするだけで現実を変える陰陽師メソッド第2弾・夏が来れば想い出す夢は ~ 」 をご案内いたします。

 

 

 

5月といえば五月病に代表されるようになんとなくモヤモヤする季節ですね。この時期は、奇妙な悪夢や、不可思議な霊現象に出会う人が増える頃でもあります。

5月の満月を過ぎてから、だいたい一ヶ月くらいの間に、次の一年間の、自分と世の中との関わりが出来上がると言われていますので、この時期にうつうつとして悩み苦しんでいては、あまり良い一年をおくることが出来ないといえるでしょう。

この時期に良い夢を見る術、そして、不可思議な霊現象を理解、対応し、幸福な夏をお迎えください。

 

 

happa.jpg

 

 

 

i-obata.jpg尾畑 雁多(おばた かりんど) 先生

  1960年、赤穂浪士の子孫としてこの世に生をうける。
  先祖代々、赤穂武士の間に伝わっていた古式陰陽道を伝承する播磨陰陽師の末裔として、幼い頃より様々な霊体験を通して、一子相伝の秘術を習得する。古式陰陽道の伝承は、歴史的に「謎の集団」として知られる播磨陰陽師たちのもつ呪術・霊術から武術・戦略や武家の風習にいたるまでの多岐にわたるが、特に当家の伝承は、古くは物部の祭祀に起因する夢操り・夢伝え等の、独特な夢の世界に関する伝承と、その世界から現実に影響を与え変更すると伝わるノウハウを有する。

 

 

happa.jpg

 

 

0905022_obata_01.jpg「皆さんこんにちは」 尾畑先生が会場の皆さんに挨拶をされました。

 

 「本講座が初めての方もいらっしゃるようなので、まずは播磨陰陽師のことからお話ししたいと思います」

尾畑先生は、まず夢と播磨陰陽師との関わりを説明されました。

 「陰陽師は、太古物部神道系の伝承を持つ集団で、祭祀、武術、陰陽術の三種類を持っています。これらを三種の神器になぞらえて鑑を神奉り、剣を武術、勾玉を呪とし、それらをもって「播磨陰陽道」としました。その伝承には武家の習いや、霊的な物がとりついた相手と戦うための武術、様々な祭祀、呪詛や闇の伝承、そして今回のテーマでもある夢伝(ゆめつたえ)が存在します」

 

「まずは夢の基本的なお話をしておきます。一般的に幽霊とかモノノケ、妖怪などと称されるものは、播磨陰陽師の伝承によれば全て夢の世界から来るモノとされています。例えば誰かが頭の中で幽霊やモノノケ、妖怪などを想像すれば、それは先ず夢の中に発生します。そしてうなされては幽霊などの類を見る訳ですが、やっかいなことにこういった現象は “近くの人に移る” という性質を持っているのが特徴です。

つまり、あたかもインフルエンザが流行するように悪夢も伝え広がっていくので、最終的には幽霊的、妖怪的なものとして幻覚を引き起こし、結果、よからぬ現実をも呼び込んでしまうという訳です」

 

0905022_obata_02.jpg「夢の世界とは、簡単に言うなれば “魔界” のことを指しますが、私たち播磨陰陽師は夢の世界にて霊の集まる場所を “夢殿(ゆめどの)” と呼んでいます。夢殿は小さな部屋に区切られていて、その部屋を自由に行き来できる人もいれば、部屋から出られない人もいます。

通常、夢殿における会話は “譬話(たとえばなし)” で構成されます。しかも古い言葉の規則に従っているので、話の内容を理解するには少しばかりの慣れが必要となります。ただ、幽霊の類はもう少し単純な言葉を使うので若干理解しやすいといえます」

 

 「夢の発生の仕方には3種類あります。①自然に発生する場合、②自分で発生させる場合、③外部からの刺激で発生させられる場合の3つです。そして発生した夢には①記憶を整理する、②心がバランスをとる、③潜在意識が心の情報を引き出す、④他の情報を再現するの4つの種類がありますので、夢は発生と種類の組み合わせにより合計12種類のパターンが存在するといえるでしょう。

極まれにこれらに当てはまらない例として、光が奥行きと配列を持って並ぶ夢を見る人がいますが、大抵の場合、上記12種類のどれかに当てはまります」

 

「例えば地球のどこかで大きな事故があり、1000人が亡くなれば、その場所からみて地球の裏側に住んでいる人が悪夢を見ますし、暑さ寒さがひどいとき、あるいは満月や新月のときも悪夢を見るようにこの世界は出来ています。

人間は独立した存在ではなく、この世を構成している要素の一つに過ぎませんので、このような影響を受けてしまいますが、我々播磨陰陽師は播磨陰陽道に伝わる霊術や祝詞を使ってこれらの影響を排除しているのです」

 

 

「悪夢の種類ですが、主なものとして

     空を飛んでいる夢

     川や海で溺れる夢

     怪物のようなものに追いかけられる夢

     階段のような段差を踏み誤る夢

     試験に苦しむ夢

     電車に乗り遅れる夢

     事故にあう夢

     事故を目撃する夢

     他人に殺される夢

     自分の葬儀に関する夢

     友人、知人や身内が分かれの挨拶に来る夢

     自分が別れの挨拶をしてまわる夢

     ケガをする夢

 などがあります」

 

0905022_obata_03.jpg「夢を記録することはとても大切なことです。夢は忘れたことを頭の中で再現する行為でありますが、夢の記憶は通常4時間で削除されますし、ストーリーが構成されない夢は忘れ去ることになっているので注意が必要です」

 

「悪夢は常に同じパターンで発生し、原因も存在します。脈絡のない悪夢を見ることは稀なのです。その原因とは①天変地異などで多数の人間が一度に亡くなる時、②雷などの異変時、③家族が病に伏した時、④幽霊などを見た時、⑤身体不調時、⑥暗闇での飲水時、⑦就寝前の多量の飲水時、⑧西枕の時、⑨墓に枕を向ける時、⑩胸に手を当てて眠る時、⑪寝床に蚊が多い、また厠より風が吹く時、⑫節句や梅雨、盆などの季節時、⑬家付近によどむ沼や水脈がある時、⑭不平不満を口にする時、⑮人を羨む(うらやむ)、もしくは妬む(ねたむ)時などが挙げられます。

身体不調が原因なら病になり、心因が原因なら不幸を呼び寄せてしまいますので、悪夢は解決が必要とされます」

 

 

 

happa.jpg

 

 

 

0905022_obata_04.jpgここで尾畑先生は悪夢の解決方法を伝授されました。

「悪夢への対処法としては、祭文を使います」

「具体的には 「観し夢を、獏の餌食となすからは、心は晴れし曙の空(みしゆめをばくのえしきとなすからはこころハはれしあけぼののそら)」 と目が覚めたときに3回唱えてください。少々発音を間違えても効力は変わりませんので、正確に唱えなくとも大丈夫です。なぜなら祭文は口伝で知ったかどうかが重要なのですから。

口伝には遠い先祖や支障系統を守護する力が伝承時に宿る作用がありますからね。この力を私たちは霊力とも神気とも呼んでいます」

  happa.jpg

 

「夢で現実を変更する方法もあります」

「前日の夜、眠る時に心に描いた物事を夢で見ることによって新しいアイデアを得たり、不安を解消したりして、翌日からの行動を良いものに変えるのです。

伝承には 「今日は明日を造り、明日はその後の日を造るなり。より良き明日は 未だ来らぬ遠き時を、よき物と変えると知るべし」 とあります。

また播磨陰陽道では、基本的な悪夢の原因はその人の心の内にあると考えていますので、外から来る厄や不幸も、全てその人の心が呼ぶと考えています。ですから伝承として 「言葉を糺し(ただし)、呼吸を糺し、姿勢を糺す時、悪夢少なしと知るべし。よってその者の人生は、極めて豊かになるべし」 とあり、「けして不平不満を口にせず、心の内にも描かず、妬むことなく、羨ましく思う心なくば、夢観良く 現実(うつしよ)も豊かになるべし」 ともあるのです。

そして 「まず不平不満が心にある時、やがてそれは羨ましき気持ちに変わり、いづれ多くを妬むと知るべし。けして人を妬むなかれ…これ肝要なり。人を羨む者、悪夢多しまた現実も不幸なるが故と知るべし」 という一文で、言葉と悪夢こそが不幸を生じると原因であるとしています。

では最後にこれら悪夢を回避する方法を伝授することに致しましょう」

 

 

happa.jpg

  

今回も密度の濃い講義内容にて時間はあっという間に過ぎ去り、最後に、尾畑先生が次のように話されて本講座は締めくくられました。

「悪夢を連続して見る時や気分がすぐれない時に行うのが “大黒天之行法” です。これは「千代万、こと足りて、きらびやかに魂光る、おほらかに、降らし給へ」 と唱える方法です。この時に金の粉が自身に降りかかり、全身が光りにつつまれているようなイメージを持つと一層効果的です。

0905022_obata_05.jpgこの他にも仰向けに寝る “眠之行法”、 祭文を使い 「悪しきものを祓い清めて、つねに正しきことを行わせ給へ」 や 「天津神国津神、われを導き給へ」 と唱えながら眠る方法、そして “霊符” を使う方法もあります(写真)。

ちなみに今回ご用意しました霊符の使用法は、①願い事を声に出して述べる、②「この願い鶴の運びし蓬莱の亀。届け給へ、叶え給へ」 と唱えて息を3度吹きかける、③鶴の折り紙に同封する、④封筒等に入れて随時携行する、となっています。

ちなみに願い事は一度にひとつで、願いが叶ったら 「この願い、有難ければ叶うなり」 と唱えて霊符を袋ごと半分に折り、白い紙に包んでゴミ箱などにお捨てください」

「人は人と話すことが必要不可欠ですので、そのコミュニケーションの手段のひとつとして夢の話しを話題にしてみてください。共通の話題を見つけづらい相手でも夢の話題ならある種の共通間が生まれるものです。人生において夢は思いのほか大切であることを皆様にお伝えして今回の講座を終えることと致します。

本日はありがとうございました」

 

 

  happa.jpg

 

ホロンPBIでは忙しい毎日の中では中々感じることの出来ないような「感動」や「体験」を皆様に味わっていただけるよう、各界のさまざまな先生のお話をホロンPBI主催の「上質人生大学公開講座」を中心に今後も充実したラインナップで展開してゆきたいと考えております。

 

気軽な雰囲気の中で本当に気持ちの良い「体験」や「知識」に触れ合うチャンスなんてそうそうあるものではないですよね。これを機会に好奇心一杯の気持ちを鞄に詰めて、会場まで足をお運び頂ければ幸いと存じます。

 

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。