特別講座レポート

2012年11月
播磨陰陽師講座 / ~ テクノドリーマー養成講座・Part4 ~
尾畑 雁多(おばた かりんど)先生

尾畑 雁多(おばた かりんど) 先生

1960年、赤穂浪士の子孫としてこの世に生をうける。

先祖代々、赤穂武士の間に伝わっていた古式陰陽道を伝承する播磨陰陽師の末裔として、幼い頃より様々な霊体験を通して、一子相伝の秘術を習得する。古式陰陽道の伝承は、歴史的に「謎の集団」として知られる播磨陰陽師たちのもつ呪術・霊術から武術・戦略や武家の風習にいたるまでの多岐にわたるが、特に当家の伝承は、古くは物部の祭祀に起因する夢操り・夢伝え等の、独特な夢の世界に関する伝承と、その世界から現実に影響を与え変更すると伝わるノウハウを有する。

 

 

「今回は夢の活用技法 「夢結び」 についてご説明します。夢結びとは、「夢の世界を介して他者(他物)と縁を結ぶ技法」 で、これを理解すれば夢を通じてあらゆるモノと縁を結ぶことができるようになります。」

 

「そもそも縁とは何か?まずはそのことについてお話したいと思います。

縁を考える際、まず思いつく言葉は「赤い糸」ではないでしょうか。この言葉は中国の書物「続・幽怪録」に記載された「月下老人」という物語に端を発し、江戸時代には上田秋成著「雨月物語」において「赤い縄」と表記されましたが、明治時代に太宰治が「赤い糸」と記したことで広く知られるようになりました。ちなみに赤糸は小指同士を結びますが、赤縄ではお互いの足首を結び付けたとされます。」

 

「一般的に直接の知り合いよりも、知り合いの知り合いといった離れた関係の方が縁強いとされています。例えば「飲み水」について考えてみてください。飲み水から「自動販売機」や「水源地」など様々なキーワードが連想されませんか?実はその導かれた発想にこそ人生に役立つヒントが隠されているのですが、縁も同じく、あなたに導かれた「誰か」が人生の鍵となるのです。これらの相関関係を図に示すと脳内における神経シナプスの回路図と非常によく似た構造図となるのも興味深いところです。」

 

「失われた伝承のように今、目前になくても探し続けていればいつかどこかで繋がるもの。それが縁というものです。しかし、どれが良縁でどれが悪縁かは繋がってみないとわかりません。だからこそ縁を利害関係で選んではいけないのです。知識で是非を判断すれば悪縁を呼び物事は成就しません。まずは純粋な気持ち=心で過去や未来に点在する縁を探してみてください。」

 

 

「ここから夢の中で縁結びをする手順~幸魂(さきみたま)の行法についてご説明します。」

縁について一通りの説明を終えられた尾畑先生は、次いで行法指導に移られました。

 

「その一。相手や状況を思い描きましょう。この思い描くという行為はとても大切です。昨夜の夕飯を思い浮かべてみてください。メニューに基づく料理の準備にはどのような作業を必要としたのでしょう?それらに思いを馳せ、そこに繰り広げられたであろう物語を考えてみてください。それこそが思い描くという行為なのです。

未来で結ばれたいと願うなら、まずは出会うべき人を思い浮かべましょう。次にその人と出会い、結ばれるに至る物語を考え、その出来事の中にご自身を没頭させるのです。物語は夢の中に作り出せば一番効率が良いと思います。眠りについた後、まずは音が、さらに会話が聞こえ始めることでしょう。そして映像が広がり、あなたの無意識がその方向に向かい始めます。

しかし、ここでひとつ注意点があります。映像として思い浮かんだ未来が自分の望むべきものでない場合は周囲に話してしまいましょう。そうすることでその未来はキャンセルされます。逆に望むべき未来が見えたなら、口に出さず胸に秘めていなければなりません。夢とはそういうものなのです。」

 

「その二。思い描くことをノートに書きましょう。その際、思い描く未来は頭だけでなく肉体の動きとも連動させること。これは大切なポイントのひとつですが、ペンや鉛筆を使ってノートに書き出せば腕や指を使うから簡単ですね。

また、思い描く事柄は簡単に成し遂げられる未来から書き綴っていきましょう。どんなに簡単なことでも成し遂げられれば成功体験として自身の中に蓄積されます。脳は無駄なことを嫌いますので、成功体験を重ねることで思考パターンが成功の道筋へと効率的に導かれていきます。」

 

「その三。結果や成り行きの予測を計算すること。脳はコンピューターと同じように思考を計算しています。その計算過程に良い結果を刷り込ませるのです。ポイントは考えるのではなく良い未来=良縁を夢に託すイメージですね。」

(上記にてご紹介した 「幸魂(さきみたま)の行法」 については、2013年1月14日(月(祝))10:00~17:00(受付9:30~) 弊社主催 「大人気!陰陽道&NLPコラボ・1日ワークショップPart7」 にてさらに深く掘り下げる予定です。詳しくは 株式会社ホロンPBI 「06(6354)5072」 までお問い合わせ下さい。)

 

 

 このように縁結び~実践方法について多彩な説明をされた尾畑先生は、最後に次のように述べられました。

 

「とにかく夢の内容を書き綴ってください。まずは情報を蓄積することが大切です。夢の情報を目に見える形にまとめ、それを眺め、また眠りにつく。するとさらに新しい情報があなたに与えられます。先ほども申しましたが、脳は無駄を嫌うが故、効率よく目的に向かう性質があります。良い意味で脳を騙し、望む未来に向かいましょう。そのためには大量の情報が必要なのです。」

 

「夢からもたらされる情報には、一見無駄と思えるモノがあります。私も、夢から髷(まげ=ちょんまげ)を掴む武術の技を教えられたことがあります。髷を結う人など現代にはいないので「いったい何の役に立つのか?」と不思議に思えたものでした。しかし夢に従い、その技を繰り返し練習し、会得する段になってはじめて髷を結っていた時代の身体の使い方や考え方を肌で理解できるようになりました。夢は私たちに大いなる情報と良縁をもたらせてくれます。夢の情報を有効に活用し、良縁を結び、人生を有意義なものに変えていきましょう。」

 

以上で説明を終えられた尾畑先生は、お祓いによって今回の講座を締めくくられました。

 

 

 ホロンPBIでは忙しい毎日の中では中々感じることの出来ないような「感動」や「体験」を皆様に味わっていただけるよう、各界のさまざまな先生のお話をホロンPBI主催の「上質人生大学公開講座」を中心に今後も充実したラインナップで展開してゆきたいと考えております。

気軽な雰囲気の中で本当に気持ちの良い「体験」や「知識」に触れ合うチャンスなんてそうそうあるものではないですよね。これを機会に好奇心一杯の気持ちを鞄に詰めて、会場まで足をお運び頂ければ幸いと存じます。

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。